ボトックスなら手軽に小顔がGETできる|リスクが小さい点が魅力

課題をクリアして目的達成

注射器

技術面を優先して選ぼう

整形すれば小顔になれると分かっていても、外科手術後のダウンタイムが課題になる場合も多々あります。仕事が忙しくて休みが取れないなど、生活上の制約から気軽に行えないのも確かです。ところがボトックス注射なら切開不要のプチ整形なので、ダウンタイムを気にせず受けられます。注射に要する時間は掛かっても10分前後で、術後の通院も基本的に必要なく、カウンセリングの当日に施術を受ければ1日だけで済むのです。ダウンタイムを含めて時間的な課題をクリアできますから、多忙な人でも小顔になるといった目的を達成しやすくなります。また、整形したことを周囲の人に知られたくない、といった目的がある時もボトックス注射は活用できるのです。外科手術ならしばらくの間バンテージなどをするため、治療を受けたことが他人に分かります。ですがボトックス注射ならバンテージはもとより、腫れや赤みも出にくいので滅多に気付かれることがありません。そのうえ治療直後ではエラのサイズに変化はなく、何日も掛けて自然におさまってくるので人目を気にせず受けられる訳です。値段が安い美容整形クリニックを選ぶことは大切ですが、ボトックス注射の小顔治療を受けるなら、技術的に優れるクリニックを選ぶことはもっと大切です。とはいえメスで切る訳ではなく、注射を1本打つだけですから、ドクターなら誰を選んでも大差ないと思うかもしれません。ですがボトックス注射は想像以上に奥が深く、筋肉量やその付き方は患者ごとでまるで違うため、それに合わせて最適な治療計画を立てねばならないのです。さらに確定した注射点に対し、深さも含めて正確に打つ必要があり、その点でも医師の技術が要求されます。そのほか注入量の見極めも繊細で、過剰に打てば副作用となり、不足すれば肝心の小顔効果が得られません。それでいて適量は人によって違いますから、各患者にピッタリ合った注入量を判断するだけでも相当な経験が求められます。しかしながら、やはり注射だけの簡単な施術のため、医師免許を持つドクターなら経験が浅くても、治療できてしまうのが事実です。だからこそ値段にとらわれず、豊富な経験に裏付けされた確かな腕を持つ医師を選ぶ必要があります。