ボトックスなら手軽に小顔がGETできる|リスクが小さい点が魅力

筋肉に作用する点は共通

看護師

主に薬剤の違いがあります

シワを取ったりふくらはぎを痩せさせる効果もあるボトックスですが、小顔効果に限った使用をする場合の施術方法は一つしかなく、顔のエラ部分への注射のみです。これはボトックスが筋肉縮小させる性質を持っているからで、骨格までは変えることができません。そして日常生活での咀嚼によって筋肉が付きやすく、顔のシルエットを膨れ上がらせるのがエラ部分というわけです。この部分を縮めることによって、小顔効果が生み出されます。ボトックスとはボツリヌスとキシンという成分を使用した薬剤のことで、施術名として広く知られていますが固有名詞です。ボトックスは業界でも一番のシェアを誇っていますが、それ以外にもボツリヌストキシンを使用した薬剤はあります。そしてただエラに注射するだけですが、種類によって一度に作用する範囲と持続時間が異なります。より純度が高ければそれだけ効果が強く現れますが、その分価格が高めになります。そして中には副作用のような強い反応を示すものもあるので、無難さを求めるのであれば、最もメジャーなボトックスを使用するところを選択しておくと良いでしょう。ボトックスで小顔施術を受ける際に心に留めておかなければならないのは、ボトックスは注射してからしばらくすると身体に吸収されるということです。そしてもし腕の良くない施術者に当たってしまえば、効果が実感できないまま吸収されてしまうことになります。また他の注射と同じように作業がスムーズに行なわれなければ、内出血を起こして痣ができる恐れもあります。そのため初心者の人がボトックスを受ける際に最も大切なのは、数多い実績を伴って、確かな腕を持っていると思える医院やクリニックを探すことです。そして使用される薬剤についても、しっかり確認するように心掛けてください。中には安価で粗悪なボツリヌストキシン製剤を使用するところもあり、効果が現れなかったり、副作用が強く現れる可能性があります。小顔によって見た目を良くするために受けたのに、全くの逆効果になってしまうこともあり得ます。その多くは料金の安さを売りにしていることが多いですが、それに目を眩ませてしまうのではなくしっかりと自己防衛することが肝心です。